物心ついた時からずっと音楽が隣にあった人生。ちょっとだけゆっくり歩いてみて大切なもの、気になってることについて書き連ねてみたいと思います。徒然なるままに…。
切ないのう…
毎週木曜日、父がデイサービスに行き始めました。
私の福岡でのレッスンも水曜日木曜日ですから毎回「行く」前のトラブルを目にします。

財布を持って行こうとする…
現金は持って来ないでくださいと言われているのですが、「金持っとかな!」と譲りません。
妹が説得しようとするのですが、機嫌が悪くなって「ゴチャゴチャ言うけん、行きとうなくなった!」と。
着替えを持たされるのも気に入らないらしく。
何しろプライドが高いのでいろいろな「決め事」がイライラの原因になります。

今日で4回目なのですが…妹の方が「言い聞かせ」に疲れるらしく「もうやめる」と言っています。

92歳の父…腰が痛いとか疲れたとか…。忘れることもしばしば。
歳を取るというのは必然なのですが、やはり健康に穏やかに毎日を過ごしてほしいと思います。

それにしても…何か…予行練習って気もします…。

かぞく | comments(0)
講師冥利につきる!
月1回ボイトレを受けてもらっているMちゃんは、福岡のゴスペルメンバーのお嬢さんです。
「声が小さい」「音痴」という本人の申告から始まったレッスンですが、「音痴」というのは単にキーが合っていないだけのことでした。

そして「幼稚園ぐらいからずっと『声が小さい』と言われ続けて来たんです。」という問題ですが…息の出し方、腹筋の使い方などをレクチャーした結果…「生まれて初めて『声大きいね』と言われました!」というのが、今日の第一声でした。

今月初めに幼稚園での実習があった彼女(幼稚園の先生を目指しています)、かなりプレッシャーを感じていたようですが、その実習先でそう言われたそうなのです。

「良かったねえ!」「先生のおかげです!」
そんな嬉しいやりとりは…この仕事をやっていく上での、何よりの励みになります。

さて実習に向けて子供の歌ばかりを練習して来た彼女、しばらくはポップスを歌いたいらしく、今日は「西野カナ」を。
若いから歌える!
可愛らしい歌にしてみせましょう〜。

レッスン | comments(0)
蛍が見たい…
私は蛍が大好きです。
まあ、みんな好きだとは思いますが。
小さい頃、夏休みに田舎の祖父母の家に泊まりに行った時に蚊帳の中に蛍をたくさん入れて飛ばしながら寝た記憶があります。
贅沢な…。

蛍を見に行きたい…と毎年思うのですが、自然に生息している場所はちょっと遠いのでなかなか行けません。
何年か前、写真が趣味の生徒と一緒に「ドコカ」へ出かけたことがありました。
三脚立てて、絞りを開放にしてレリーズを付けて撮影します。
私も、一応。
軌跡が写った写真を撮りたくて。
でもこれが難しい!

明かりが少しでもあると撮れないので注意しているのに…携帯のカメラでフラッシュを使う愚か者がいる!
その一瞬で長い間待っていたコチラの写真はパーです。

写真はあまりうまく撮れなかったのですが、あそこの蛍は素敵でした。
一体ドコだったんだろう?

さてそんな蛍好きの私がある夜、地下鉄を降りてエスカレーターを上がっていると…前にいる学生さんの後ろポケットがピカピカと光っているのです!
点滅!
たぶん…ポケットに入れたペンライトが何かの拍子にオンになったのでしょうね。
教えようかと思いましたが…蛍みたい…と地上まで楽しませていただきました。
本人意識して光らせているのかもしれないし。

さて本物の蛍、いつ見に行けるかなあ。

SUBWAY STORY | comments(0)
何かある日もおめでとう〜
「何もない日」の次の日はやたら忙しい1日でした。息子と婿殿の誕生会だったのです。



我が家では全員の誕生会をすることにしています。
同じ月に生まれた人達は合同で。

1月が私、4月がhusband、6月に息子と婿殿、10月に娘と姫、12月にmame、そして新しく加わった息子のお嫁さん。
計5回です。

husbandは「めでたくも何ともないんだから必要ない」と言うのですが、せっかく「家族」になったのですから集まる「言い訳」なのです。
4月の誕生会の後は…喧嘩になりました…。「俺はちっとも楽しくない」んだそうです。
みんながワイワイ楽しんでいる中、husbandはなかなか話の輪に入って来れないんですよねえ…。

ま、来年の4月はやめてもいいのですけれど。たぶん、そうなるとスネてしまうと思います。
メンドクサイ!

さてさて…このところケーキイベントの時は姫とmameが中心で♪ハッピーバースデー…を歌います。
昨日の♪ディア…の後は「にいにとお父さん」でした。
2人がピッタリ揃っていましたから、きっと練習したのだと思います。



そしてプレゼントのハイライトも2人が「にいに」に描いてくれた絵。
横に女の子がいます。
お嫁さんが「もしかして…隣のは私!?」と聞きました。娘がすかさず「ごめん!自分達なんだわ。」



息子が生まれた日は6月1日。暑い日でした。
予定日5月31日に検診へ行って帰宅したとたん破水してすぐ入院。
まる1日陣痛に苦しんでようやくの出産でした。

39年前のそんなことを思い出してしまうのも誕生会の良さだと思います。
そう言えば…今、mameが座っている椅子は息子や娘が使っていた物だと、昨日話した時に息子がやたら感激していました。

家族って…いいものですね…。




来年は7月生まれが増えます。mameがお姉ちゃんになるのです。
さあて…テーブルが小さいぞ!





身辺雑記 | comments(0)
幸せな日
目まぐるしかった5月が終わって…6、7月は珍しくオフが何日かあります。
しかも今日は何もない日。
正に「何にもない日、おめでとう〜!」といった心持ちです。

洗濯と夕飯の支度以外は1日を自由に使えるのです。
何と幸せな!

さて〜何をしよう…。
ゆっくり本を読むか…ゲームをするか…ビデオを見るか…鼻歌が出て来てしまいます。

でも…ふと思いついたのは気になっていた所の片づけ。
やりかけのコーラスアレンジ。
明日の誕生会のための鶏肉下ごしらえ。

おやあ?自由ではない?

でも私にとっては「気になっていたこと」が1つずつ片づいていくのは…何とも幸せなことなのです。

さあてニヤニヤしながら片づけ片づけ。

身辺雑記 | comments(0)
<< 2/156 >>



CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
NEW ENTRY

PROFILE

CATEGORY

COMMENT

ARCHIVES

LINK

OTHER
qrcode
  • Admin
  • RSS1.0
  • Atom0.3




  • SENSE ポプコン・マイ・リコメンド ウイッシュ 田中一村作品集―NHK日曜美術館「黒潮の画譜」 うめ版―新明解国語辞典×梅佳代 アラスカ 風のような物語 うたたね

    (C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved. Design by Tea