物心ついた時からずっと音楽が隣にあった人生。ちょっとだけゆっくり歩いてみて大切なもの、気になってることについて書き連ねてみたいと思います。徒然なるままに…。
支えられて…
昨日西南学院のゴスペルレッスンの最後に、欠席されていた生徒さんがニコニコしながら私のところへ。
「あれ?どうしたの?」と聞いても「あの〜何て言ったらいいのか…」
「ん?」「うまく言えないので手紙を書いて来ました。」

ご主人の病気と向き合っている彼女、一応5月末までという期限付きでレッスン参加を許可してもらっていたそうです。
「一旦やめますが、必ずまた戻ってきます。」

帰宅してからお手紙を読みました。
25年間、ご主人の病気と闘って来たこと、何気なく入ったゴスペルで思いがけず前に進む力をもらったことなどが書いてありました。

まだご病気のことなど知らない時期に彼女の笑顔を褒めたことがありました。
「素晴らしい笑顔ですね。癒やしです。」
今考えれば彼女の笑顔は、いろんな苦しいことを乗り越えて来たからこその笑顔だったのですね。

反対に「先生の笑顔に支えられました。」と言ってもらいましたが、このところの生徒さんからの熱烈な愛情表現に(先日は私のハグを待つ列ができました)…ああ、頑張って来て良かった…と心を揺さぶられています。

この歳までこうして人と関われる仕事ができているのも自分を必要としてくれる存在があるからだとただただ感謝です。

レッスン | comments(0)
Comment












CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
NEW ENTRY

PROFILE

CATEGORY

COMMENT

ARCHIVES

LINK

OTHER
qrcode
  • Admin
  • RSS1.0
  • Atom0.3




  • SENSE ポプコン・マイ・リコメンド ウイッシュ 田中一村作品集―NHK日曜美術館「黒潮の画譜」 うめ版―新明解国語辞典×梅佳代 アラスカ 風のような物語 うたたね

    (C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved. Design by Tea